2019.01.21

製品事例

SS製缶板金・溶接

アニール炉筐体

オールSS材の繊維向けアニール炉です。
構造は全面パネル式で押え部品で固定する構造になっています。
(高さ800mm×幅1200mm×全長7000mm)

【お客様のご希望】
パネル式なので、組付けが簡易に行えて精度を守れるような形にしてほしい。
前回同等品からの改良を施して欲しい。(外面への熱伝導、合わせ面のシール等)

【製作時のポイント】
パネル式の炉体ということで今までの経験を活かし、弊社の設計提案を織り交ぜながら、品質、能力向上、工数低減による納期短縮を図った。
扉面の組付け公差に特に気を配り、扉、パネル単体の公差と組付けの再現性を意識し溶接、加工を行った。