企業情報

3S活動について

山田製作所は、

「良い現場は、最高のセールスマン」

「守る事を決めて、決めた事を守る」

「人が変わる、そして会社が変わる」

をスローガンに、徹底した3S活動に取り組んでいます。


導入の経緯

1997年に撮った、工場(鈑金)の様子です。
その時は、機械と材料、仕掛品の隙間で作業していた状態でした。工具を探すのも、まず、知っている人を探して場所を聞き出してから探す。もちろん時間は、どんどん過ぎて行きます。企業の平均寿命は、30年と言われています。山田製作所も30歳を迎え、今後更に飛躍する為には、何か、改革をしなければと思い立ち、更に 全社員の意識ベクトルを同じ向きにそろえる為、「徹底した3S」を取り入れました。

3S活動とは「整理・整頓・清掃」のことをいいます。

この3S活動を導入することにより、様々な問題を発見する感性を高めると共に、問題を解決する能力を高めていきます。これらを追及していきますと『守ることを決めて、決めたことを守る』社風が生まれます。 さらにこの「守ることを決めて、決めたことを守る」を深く考えていきますと、効率的(全体最適)な生産と効率的(全体最適)な管理に広がります。

山田製作所は、

「まずやろう!全員でやろう!理屈は言わない!例外を作らない!」

「出来ない理由を言わない!率先垂範!忙しくてもやめない!仕事を止める勇気を持つ!」

を活動方針とし、今後とも徹底した3S活動を継続させていきます。

整理

4種に区別し、管理する


要るもの(生品) 「直ち(4時間以内)に必要な物」
急がないもの(休品) 「5日以内に必要な物」
当分要らないもの (長休品) 「6ヶ月以内に必要と思われる物」
要らないもの(死品) 「6ヶ月以上使用しなかった物」

整頓

いつでも誰でもが、要るものをすぐ(60秒)に取り出せる様に並べ置くこと。
そのために以下の5頓を徹底する


定位置 「いつも同じ位置、押しても引いても動かない」
定量 「決めた最大数~決めた最小数」
定方向 「いつも同じ向き」
表示 「その物に表示する」
標識 「その場所に標識をつける」

清掃

業務の効率化、社員の意識改革をおこす


ゴミなし 「手で掴める」
チリなし 「指で摘める」
ホコリなし 「フッと吹けば飛ぶ」
汚れなし 「拭けばとれる」
ピカピカ

PAGE TOP